マイホームのためにお金を借りる

札束

これから一戸建てを建てる予定のある方もいることでしょう。 どこに建てるか、どんな間取りにするか、自分の夢のマイホームのことを考えるのは楽しい作業ですよね。

さらに家を建てるにはどのくらいのお金が必要となるのかも検討している最中だと思います。 どーんとお金を借りる事無く現金で一括払いができれば一番簡単でスムーズですが、当然融資を受けることも視野に入れて検討していることでしょう。

このサイトは「つなぎ融資」でお金を借りる手続きについてわかりやすく説明していくサイトです。

融資はわかるけど、「つなぎ」融資って何?とこの言葉を初めて目にした方もいるかもしれませんね。 つなぎ融資とは、その名の通り「つなぎ」の融資でお金を借りる事なんです。

なんだかわかったようなわからないような…と思うかもしれませんが、お金を借りる際にはこのつなぎ融資がとても便利なケースも出てくるんです。 実際にお金を借りる前に、このつなぎ融資についてもしっかり知っておくと、いざという時に困らずに済みます。

つなぎ融資とは

もう少し詳しく、つなぎ融資でお金の借りる方法について説明をしましょう。

つなぎ融資とは、正式に融資を受けることとなり、実際に手続きが完了する前にお金を借りる必要がある際に利用する、「正式融資までの期間をつなぐお金のこと」です。

簡単に言いますと、住宅ローンを利用する場合は、家が完成してからでないとお金を貸してはもらえない仕組みになっている場合が多い…というのが実情なんです。 住宅ローンは家を担保(抵当)としてお金を借りるシステムなので、肝心の家が完成しないことには住宅ローンでお金を借りる事はできないことになります。

でも、実際に家を完成させる前に、お金を借りる必要性がでてくることも多いです。 一番に挙げられるのが土地を購入し、そこに家を建てるというケースです。 土地を購入するお金を住宅ローンで支払おうと思っても、住宅ローンは家が完成してからでないとお金を借りる事ができないため、土地の購入代金は自己資金で…ということになります。

さらに家を建てる際には工事を着工する際に必要となる着工金や、工事の途中で必要となる中間金のお金も必要となります。 土地代や着工金、中間金を自己資金で支払える場合は問題ありませんが、自己資金がない、もしくは足りない場合には、「つなぎ融資」の出番だというわけです。

家を建てる際には、お金を借りる手立てなどの資金繰りをどのようにするのかをしっかり検討しておく必要があります。 お金を借りる方法としてつなぎ融資を利用することも当然可能性としてあるわけですから、ここでじっくり勉強しておきましょう。

このサイトはつなぎ融資の利用の仕方や、メリット・デメリットのことなど、つなぎ融資でお金を借りるための情報が満載です。 しっかりチェックして、ぜひ、上手にお金を借りるためのノウハウを参考にしてください。

最近のキャッシング

最近のキャッシングや融資の動向を見てみると、消費者金融という表現をやめて、できるだけ銀行というイメージで広告を出していることが分かります。 やはり、消費者金融と言うのは一般の人、特に女性には怖いと言うイメージがあるのだと思います。 現在、テレビでCMをやっているアコムやプロミスなどの大手は、すべて都市銀行グループの会社です。 例えば、アコムの場合だと、東京三菱UFJ銀行系です。 だから、実際は安心してお金を借りる事ができます。

最近は、女性専用のレディースローンというのも大手の金融機関で販売されています。 お金を借りるための相談をしたい場合は、女性が相談にのってくれると言うものです。 また、女性ならではの特典が付いたり、ある一定期間は無利子でお金を借りる事などが出来るようです。

キャッシングはしないに越したことはないと思いますが、もし、する場合は大手が安心です。 大手なら法定金利以下を順守しているので、法外の金利を請求されるおそれはありません。 大手消費者金融のメリットは全国各地にあるコンビニATMと提携をしているので、お金を手軽に借りることが出来るし、返済する事が出来るという事です。 借りやすくて返しやすいのはとても便利ですよね。 [追記]

短期間のキャッシング

某都市銀行の金融システムが7日間ほどまともに動かなくなりましたよね。 入金、出金、それに振込、振替ができなくて多くの個人と法人がとても困ったと思います。 お金の引き出しができなくなっている間、某都市銀行が店頭で引き出しOKとしたのは10万円までですからお金が足りなくて苦労したと思います。

こういった時は、無利息で初回のみですけど、1月ほどお金を借りる事ができる金融機関があるので、そういった所で借りれば、金利を支払わずにお金を借りる事ができます。 緊急事態の時に、無利子でお金を借りることができる方法なので覚えておきましょう。 ただし、短期間の無利息キャッシングは、期間内にお金の返済ができなかった場合の利息が通常よりも高くなっている場合もあるようです。 借りたのはいいけど返せなかったら、高い金利を支払わなくてはなりません。 そのためお金を借りるときには、計画を立ててしっかり返済できる金額だけ借りるようにしましょう。

あと、緊急事態の時にお金を借りる方法としてキャッシングを紹介しましたけれど、キャッシングを利用するのが癖になってしまうのは、ちょっと危険です。 初回だけ無利息というキャッシング会社も多いからか、次々と無利息の新しいキャッシング会社から、お金を借りる人も中にはいるそうです。 どうしてもお金が足りないときに便利なのは認めるけど、普段から自分の貯金をおろすような感覚で、キャッシングでお金を借りるのは避けた方がいいかもしれません。 [追記]

親父から自動車を購入目的でお金を借りる

僕は、どうしても乗りたい車があったので、親父からお金を借りるまでしてその車を買いました。 マイカーローンを使ってお金を借りるという方法もあったのですが、マイカーローンだと金利を払わなければならないので、親に相談したところ、毎月きちんと返済をすれば金を貸すといわれたので、その言葉に甘えることにしました。

毎月4万円で夏と冬の賞与の時は、15万円ずつ返済することにしました。 年間で約80万円の借金返済です。 親父からお金を借りる時に、総額は150万円を借りました。 ですから、2年弱で借りたお金をすべて返し終える計画です。

営利目的の金融機関でお金を借りると、当たり前のことですが、借り賃として金利を支払わなければならず、借入元金の返済だけでは済みません。 その点、親からお金を借りるのであれば、元金だけの返済なので、返済負担が軽くなります。 お金の借りる前に返済計画を立てたのですが、月4万円の支払いはさほど負担にならないだろうと考えていました。 ですが、いざ払い始めるとかなり質素な生活をしないと給料日前にお金が無くなるような状態となりました。 そのため、社員食堂での昼食もカレーや蕎麦などの低価格のものしか食べない様にして節約に努めました。

自分の場合は、お金が余ると無駄遣いをしてしまうので、これで良いのだと自分に言い聞かせていました。 親子と言えども借金の返済は遅れる事無くけじめをつける様にとお金を借りる時に親父に念を押されていたので、毎月給料日にしっかりと親に支払いを行いました。 そのため、親から返済を催促されることはありませんでした。

親への借金返済を開始してから約2年ほどで支払いが完了しました。 完済した時は、僕も親も笑みがこぼれました。 親父も母も、僕が借金の返済と言う長丁場の金銭管理をしっかりとできたので、それが嬉しかったのだと思います。 [追記]

車や家の購入

今、若者の間では車離れが起こっています。 それは、若者の所得が低いのでお金を借りるマイカーローンを利用しないこと、そして、不必要なものを無駄に購入しない節約家が増えたことなどが要因だと思います。

車や家を買う時は、即金で購入すると言う方はまずいないと思います。 大抵の方は、ローンでお金を借りるのが普通ですよね。 でも、購入する前にお金を借りるという選択をしてまで本当に必要かを良く考える必要があります。 海外では、購入したあとに、価値が半額ぐらいまで落ちてしまうと言う事はないのだけど、日本の場合、購入と同時に価値は半分にまで落ちてしまいます。

だから、レンタルやリースで済ます方がお得な場合が多いです。 高い買い物をする時は、それが本当に必要なものなのか、また、レンタルやリースの方が得なのではないかを良く検討しましょう。 車や家などの高額商品はお金を借りるのが当たり前ですけど、車や家でも購入した途端、価値は大幅に下がります。 また、お金を借りるということは、その後に返済の日々が待っているという事です。 ですので、特に高額商品を購入する場合は、その物の必要性についてよく考えた方が良いです。 [追記]

30万まで借入限度額アップするまでたった3ヶ月

子供の学校へ支払うお金が足りなかったので、消費者金融のカードローンで30万円を申し込みました。 しかし、思うようにお金を借りることができず、10万円でやっとで審査通過しました。

あと20万円足りなくて困ったのですが、何とか私の生命保険を解約したりしてその場をしのぎました。 でも数ヶ月経つと、今度は来年の修学旅行の積立でお金が必要とのことでした。 どうしよう、困ったな…と考えているところに消費者金融から連絡があったのです。

「ご契約に関してお伝えしたいことがあります。」とメールがきてたので、利用停止されるのかと思いドキドキしてたのですが、連絡しなおしてみると利用可能額引き上げの連絡でした。 また審査が必要になるけど、今度は職場への在籍確認も給与明細提出なども必要はないとのことです。 ちょうどお金を借りる必要があったときだったので、審査が簡単ならということでお願いしました。 するとなんとお金を借りる際の利用可能額が30万円まで可能になりました。

修学旅行の費用も分割ができたのですが、必要なお金を使ってしまって足りなくなるのが怖かったため、キャッシングをして一括で支払いました。 これで借金は増えましたが、なんとか学費の心配はしないで済みます。 でもこれからまたお金を借りる必要が出てくるかもしれません。

そんなときにお金が足りなかったらどうすればいいのでしょうか? 足りないまま過ごすのも困るし、ちょうどキャッシングの利用可能額が引き上がるのも怖いです。 タイミングが合えば、どうしてもお金を借りることになるからです。 本来はお金を借りたツケである借金返済に集中しなくれはいけないのですが、返済と貯蓄を並行して行っています。 [追記]

【お勧めWEBサイト】
低金利でお金を借りる
金融機関で借入れをするなら出来るだけ低金利でお金を借りることができる所を選びましょう。 このサイトでは低金利でお金を借りることができるキャッシング会社をご紹介しています。